4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理由と意味

カテゴリー : 私の考え
世の中に起きる出来事には、意味があるようだけれど本当は意味なんてない。

最初からそこにあったのは理由だけ。


そんなことを考えたのは光市母子殺害事件についての報道番組を見たから。

悲しすぎる事件。

悲しすぎる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ようやく勝ち得た死刑判決の後、被害者遺族の本村さんは会見で凛とした対応を見せた。

併せて番組では、事件後9年間に及ぶ彼の軌跡についても紹介していた。


”世の中に起きることには全て意味がある”

最近私はドラスティックにそう考えることが多くなっていた。

自らそう考えるようにしていたと言ったほうが正しいかもしれない。

どんな逆境に直面しようとも自分に負けない、乗り越えてやる。

そんなポジティブな想いからそう考えて生きてきた。

しかしながら、”意味がある”などという言葉を発しがたい残酷な出来事が存在する。

私の座右の銘、

”良い事も悪いことも自分の身に起きることの全ては自分に起因している”

今までの自らの経験の中で見出した考え方で、これまでにも何度となく触れてきた。

ただし、あまりにも酷すぎる現実の前では、主張することさえ躊躇われる。

あらためてこの現実を目の当たりにさせられて分からなくなってしまった・・・。

番組が終わってからもう2時間以上も経つ。

ずーっとそのことを考え続け、少々頭が混乱気味だ。

光市母子殺害事件と本村さんの姿を通して見た世の中の仕組み、原理原則。

悲しすぎる現実・・・


冒頭に述べた考えに至り、少しずつだが落ち着いてきた。

意味なんてないんだ、と。

はじめからそこにあるのはそれが起きた理由だけだ、と。

では意味は?・・・意味なんて元々は無かった。

でも起きたあとにそれは生まれるのかもしれない、と。

だとすれば、我々に出来ることはそこにどんな意味を見出し生み出すかということ。

突き詰めればそう思えてくる。

意味をつくりだすということ。

それは生みの苦しみを伴うが、自己発見や自己実現に繋がる機会にもなり得る・・・


不謹慎だと思う。

が、しかし、本村さんの姿を見てそんなことを考えずにはいられなかった。

時を経て彼が備えた人としてのあの品格の高さ。

深く考えさせられてしまった。



亡くなられたお二人の尊い命に対し心からご冥福をお祈りすると共に、

本村さんの今後の人生に腹の底からエールを送りつつ、この記事を終えます。







COMMENT
今日は暇なんじゃないですょ(笑)
移動中の私。ぽかぽかして気持ちがいいだけです。

理由と意味。
私もそのようなことを考えます。
意味は確かに、あとからついてくるものかもしれないですね。
私の場合は起こることすべてを受け入れてから意味をつけることよりも、先に意味をつけたくて、すごく考えました。
そんな私がたどり着いた今の考えは、「愛すること」です。
私達は、どんな人にもどんなことでも「許し」「放ち」「愛す」勇気をもたなくてはいけないような気がするんです。
しかし、拓さんが言うように理不尽な意味がないようなことも、日本全国、世界各地で繰り広げられているんですよね。
それに気付いた私達が、何事にも動じない大きな愛をもって、連鎖反応を起こさないといけない気がします。
宇宙や地球に比べたらはかない命の人間は、一生懸命「愛」のリレーをしていかないと、生きた心地がしなくなりますね。

長くなってすいません(汗)
すべてに感謝します。
私は。。。理由と意味はどちらも後からついて来た気がします。では何?と言われたら”意志”でしょうか? イヤ...言葉にした時点で全てあとからつけた事になってしまうと思います。


そういえば、被害者が1,5人ってブログに書いた准教授がいたそうです。。。
初めまして、もっちーと申します。

面白いブログですね!
コメント残させて頂きました。

悲しい事件でした。
事故直後に出版された被害者の奥様から
旦那様に宛てた手紙(メモ?)を集めた内容の本を
読んだときには呆然となってしまいました。
突然、こんなひどい目にあうなんて・・・

これからも頑張って下さい。
たしかに・・・
>自分に起きる出来事は、すべては自分に起因している
これはボクもいつもキモに銘じていますが、こういった事件の時は・・・
考えされられます。
カミサマは乗り越えられない苦難は与えないと言いますが、これも同類。。
混乱しますね。
同じ年頃の子どもを持つ親としては、直視できない事件でした。
意見まとまりませんが、ゆっくり考えてみます。
こんばんは!

意味のないことはない…
第三者がアドバイスとしていうのは簡単ですが、
あの事件の場合、それを口にしていいのかは
本当に躊躇します。

逆に「意味なんてない」という事実。
その事実をどのようにこの先に結びつけるか?

それが人間としての深みにつながるものに
なるのでしょうね…。

今回のテーマかなり深いですねぇ…。

応援ぽちっと!
>りりぃ。さんへ
なるほど・・・暇だったんですね♪ 笑
しかし、、深いですね。。。
奇遇にも「愛」「感謝」この2つは私も大切にしているキーワードです。
しかし、この記事で触れた出来事はあまりに酷かったことと自分ではなく他人事である点でそういった言葉や考え方を安易に当てはめられない心境になってしまいました。

でも、やっぱりそれしかないんですよね~
そうですよねぇ・・・

どんな悲しさも包み込むくらいの大きな「愛」を持つ人間になりたいです^^
>ともえまんさんへ
そうですね。
言葉にした時点で全ては後からつけたものになる。
その通りだと思います。
所詮誰かが(本人含め)考えて言葉にした時点で後付けでしかない。
真実なんてどこにあるのかは永遠に分からないかもしれない。

でも、この事件のことに限らず何かが起きたとき、そこには理由は必ずある。
どれが本当の理由か決めることはできなくても、理由は必ず存在している。
私はそう思います。
その1個人なのか家族なのか社会なのか、どこに起因するのかは別として必ずそれが起きる理由はどこかにある。
意思が存在するためにもやはり理由が必要だと思う。

ただ、その”理由”があって起こった出来事の”意味”を考え出すと混乱してしまう。
残酷であればあるほど、意味をつけてしまうことに躊躇せずにはいられない。

そんなことに否が応にも向き合い考え続けた本村さんの心境を想うとき・・・

続ける言葉が思い当たらなくなります。
>もっちーさんへ
はじめまして^^
コメントしていただきありがとうございます♪

そんなときにこんな重いテーマですみません^^;
お読みになったのは夫妻が書いていた交換日記でしょうか。
番組ではそれが紹介されていました。
こんな悲しい出来事が起きない社会になればいいと願います。

激励ありがとうございます!
これからもよろしくお願いします^^
>リックルハングさんへ
そうなんです・・・
混乱するんですよねぇ

直視できない、したくないという気持ちもひょっとしたら混乱させられる原因かもしれませんね。

この問題、なかなか整理を付け難いです。

>ぱぱ☆きんぐさんへ
そうですねぇ。
そのまま深い闇に引きずりこまれて飲み込まれてしまうんじゃないか。
そんな不安さえ抱いてしまうほどに深いですね。

でもその先には光があるんだと信じたいです。
その証拠に彼にあの高潔さ、品格。
軽々しく言うことではないのでしょうが。

本村さんにしてみればそんなものいらない。
それよりも・・・でしょうし。
こんばんは~

本村さんの件はニュースで見るたびに心が痛みます。

自分も嫁さんと娘がいる同じ境遇で、「自分だったら」を考えさせられます。

確実に人の思考や生き方が変わってきている時代・・・

だとしてもより良い社会を作っていく為に、自分のできることを見つけて頑張らなければ・・・
その少しを諦めてしまったらその先もないわけで・・・

今の子供達が大人になる時までに、すみやすい社会にしていくのが大人の使命です!






>らんさんへ
そうですよねぇ。
本当に心が痛みます。

>人の思考や生き方が変わってきている時代・・・
これについてはそう思います。
でも、残酷な犯罪なんて昔からあったんじゃないか、とも思います。
コノ手の犯罪って近年増加してるんだろうか?
なんでもかんでも時代のせいにしてしまうマスコミの風潮には
「ちょっと違うんじゃない?」と違和感を感じています。

個人的にはこういった犯罪を犯す人間は、いつの時代もマイノリティーだと思っています。
いや、そう願いたいです。

感性を磨き、正しい認識を持って、より良い社会にしていきたいですね♪

COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。