4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある意味で限界を知るということ

カテゴリー : 私の考え
4時起きキャリア・コンサルタントの田辺 拓也です。

みなさんお元気ですか?

私はもー仕事が「ぶっはーー!」な感じです。

最近は退職する3月に向けて、四半期(第3クオーター)の終わりに向けて、年末に向けて、毎日がクライマックス、かなり精神力を必要とする仕事が日々続いています。

東京で仕事をしていた頃も、京都にきて支店の立ち上げ時期も、そして今も、やはり仕事は忙しく、そしていろんな場面で私が考えることがあります。

それは、ダメになる人、そこで頑張れる人、残念ながら精神のバランスを崩してしまう人、持ちこたえる人、病気になる人、ならない人の違いはなんだろう?ということ。

まず最初に、そもそも頑張れる人と頑張れない人がいます。

そこについては、また違う機会にでも書きたいと思いますが、ここでは頑張れる人について書きます。


肉体的、また精神的、ときにはその両方で、ぎりぎりまで自分を追い込んで仕事をしていると、なんとなくそのラインが見えてくる気がすることがあります。

「今、あぶないところまで来てるぞ。」

「ここで考え方変えなきゃまずいぞ。」

てな具合にです。

自分の精神力の限界、体力の限界を知っているわけですね。

私も今までに何度か「倒れる」という部類の体験をしています。

だから、これ以上やったら体がダメになるぞというのは分かるようになったつもりです。

厳密に言えば精神力のほうは、限界を超えたことがないです。

だから、これ以上やったら精神が壊れるというラインは知らないわけです。

ただ、これじゃまずいよな、こんな精神状態じゃいい仕事はできなよな、といった壊れるよりもっと手前のラインでアラームを検知しているような気がします。

結局、頑張る人は頑張ると同時に自分の限界を知る必要があると思います。

余談ですが、限界というのはそのときのその人の限界であって、その人のポテンシャルの限界ではないです。
私はポテンシャルには限界を設けたくないと思っています。

話を戻しますが、

その限界を知った上で、限界になる前に適切な対処ができる人。

もしくは普段から適切な対処ができていて限界とは無縁な人。

これがどんなにキツい状況でも、ダメにならない人なんだと思います。

では、その適切な対処とは何か?

これは様々あるんでしょうが、私の場合、過去、現在の経験ではこうでした。

何か別のことに逃避する、違うことで発散する。

使命感と目的意識を持って取り組む。

目の前の事象を全ては自己責任として捉える。

常にゆるい考え方、心のゆとりを意識する。

自分の強いところ、やりやすいところに持ち込む。

などとなりますが、簡単に言うとストレスマネジメントですよね。

この辺は長くなりますので、別の記事にして論じたほうが良さそうです。

とにかくいい意味で自分の限界を知ること。

これは幸せになるためにも大切なことのような気がします。


みなさんは自分の限界、知ってますか?




いつもありがとうございます^^

みなさんの応援のおかげでがんばれます!

今日もワンクリックずつおねがいします。

>>>ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 

>>>人気ブログランキング人気ブログランキング(独立・起業)

>>>にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)



COMMENT
限界について
やってみなければ、分からないのが限界だと考えます。
本能的に「やばい!」と思い、踏みとどまるのも一つの手。

倒れることは悪いことだとは、実は私は考えていません。

倒れないで分かることもあれば、倒れずにビジネスをして得られるものもある。

ビジネスに限らず、真摯に物事に取り組むという姿勢だけは忘れないでおこうと、常に私は思っています。
一度、心を病んでからは、限界点を感じることがあります。
このことは拓さんの言うとおり、いい意味で破滅に向かわない人生を送れる自信になっています。
ボクもいろんな意味で、自分のペースに意識的に持っていくことで、ストレスコントロールしています。
結局は他人のペースにあわせざるを得ない状況が、ストレスを生んでいるンでしょうから・・・
田辺さん、こんばんは。多忙ばんざい!
「頑張る」・・・頑(かたくな)に張る(伸ばし広げる)
頑なに、そしてできる限り自分の才能を伸ばし未知なる可能性を広げる。
頑張れるということ、それこそが素晴らしい。
頑張ろうとする気持こそが尊いと思います。
最初の一歩の号砲のようです。「ガンバレ」。
拓さん、こんにちわ。
限界って、自ら挑戦して出来た限界と、周りの人や状況に振り回されて否応無しにできた限界がありますよね。

前者であれば、その先に見える可能性を強く感じ、心が上回ってアウトスタンディング出来れば、私の場合たいがいの限界は超えることが出来ました。

ただ後者の場合、厄介ですよね。それでも、周りに助けを求めれなかった自分に気付けた時はいいけど、仕事って山積みの業務から逃げれないこともありますもんね。しかも、心に悪い言葉も降りかかってきますしね。

比較的マニアックな世界な生きてる私は、できる限り地球や宇宙など、大きく偉大な存在に生かされていることを意識するんです。
そうすると、自愛の念に包まれて、自然と自分が倒れずに上手くいくように、心と体が働いています。

あぁ~マニアック最高
There are no limits.
私のブログタイトルはご存知のように「限界はない」という意味のハワイの教えです。
これは、自分で自分に制限をかけて勝手に限界を決めないで!ということです。自分を信じて前に進もうよってことですね。
体力的な限界はあると思います。自分は一人ではないので倒れるわけにはいかず、ちょっとマズいな・・・と感じたら、やることがあっても寝ます!(笑)
先ずは自分をよく知ることからですよね。
私は、限界を超えた先にある達成感みたいなものを味わってみたいなぁと思ったりしますよ。
私の今までの経験でこれに近いのは出産かな^^
ちょっと話が違ってしまいましたね^^;
失礼しました。
あぶないと思ったときは
こんばんは

SONは普段からマイペースな人間なんであんまり限界に近づくことがないんですが、何年かに数回はやってくるんですよね。

普段ストレスフリーな分、時々がしんどい
そいう時は休むことが大事だと今は考えてます。

倒れる前にパワー補給。
それからもう一回勝負です。

そうそう、お酒の限界は心得ていますよ。
何回か外でも倒れてますんで
弱いのに調子にのるとついつい・・・


ではまた!!
>まさ@茨木さんへ
真摯に取り組むこと。
たしかにこれは大切ですね。
でも真摯に取り組むこと=倒れるまでやること
てはないですよね。

やはり身体が資本、健康を損なえば真摯に取り組むこともできなくなるわけですから。

そこはうまくコントロールしていきたいと思っています。
>リックルさんへ
身体的にも精神的にも限界が存在する以上、その点がどこかを知って仕事をすることは必要ですよね。

回避策として他人の他人の責任にせず、他人にペースを乱されず、自己責任で自分のペースで仕事を運ぶこと。
これはとても有効ですよね。

でも甘っちょろいことを言わせて貰えば、そのとき自分のペースで仕事ができない他人が生まれていることが少し気になったりもします。
そちら側に立ってしまった人の気持ちが良くわかるから。
そこを何とかしたいという気になるんです^^
>secondさんへ
なんだか元気をいただけたコメントでした。
ありがとうございます^^

頑張れるということ、それ自体が尊い。
ほんとにそうですね。

年内には一度ご挨拶に伺いたいですね~・・・


>りりぃさん。へ
おっとりりぃ。さん♪
おひさしぶりです^^

>自ら挑戦して出来た限界と、周りの人や状況に振り回されて否応無しにできた限界
これは究極の自己責任の立場に立って捉えれば、どちらも自分の選択、チャレンジによる限界といえると思っています。

りりぃ。さんのいうマニアックな世界の考え方は私も嫌いじゃないですよ♪
ただ、ときとしてそれだけではない、もっと馬鹿げているようで尊い自分への挑戦=限界への挑戦に挑みたくなるときがあります。

でもそんなときも限界一歩手前で回避することができるようになってきたここ最近です^^
>Yukiさんへ
自分で自分の限界を決めない。
勝手に才能にリミッターをかけない。
そんな意味では人間の能力や可能性に限界はないと思います。

やっぱり身体ですね。
ここは実際何かが壊れますからねぇ^^;あんまり無理しちゃうと。
そこは何回か倒れたことで限界を知りましたねぇ。
自分を知るということは大切ですね。

限界を超えたところにある達成感。
これはもー最高ですね^^
出産となると我々には検討もつかない話になってしまうのですが、
仕事の中では何度も経験があります。
これはもー意識朦朧、倒れる寸前まで自分を追い込んで好ましい成果を得たときがまさにそう。
それがチーム全員が同じ方向に向かって同じように限界に挑戦して得たようなときはもう・・・
何物にも変えがたい達成感を味わうことができます^^

今の会社では最後にホントにいい仕事ができました。
>SONさんへ
何年かに数回ってまた、微妙な表現ですね?笑
一年に1回より少し多い感じでしょうか。

倒れる前に休む。
これ簡単そうで難しかったりしませんか?
職種にもよったりするのかもしれませんが。

営業部ではエンドユーザーとの関わりが仕事の大部分だので、限界を意識するほどの仕事がある=その相手はお客様という構図になります。
そこで"休む"ということは、いろんな意味で"終わる"ことを意味します。
なのでストレスマネジメントをしながらやりきるまで限界を迎えず、終わったら休むというほうがしっくりきますね~。

お酒は・・・私はぜんぜんダメです。笑
身体の限界は、危なくなる前に感じれるし調整もきくけど、精神の限界はコントロールできなくなる時があります。

分かっているのに気持ちが戻らない・・・

自分の場合は、過去に遡り自分の原点に返ります!
今までの経験が自分も救ってくれます。

そんな感じかなぁ~^^;
拓さん
こんにちは!ごぶさたです。

限界を乗り越えて成長する。その繰り返しですよね。仕事もアスリート的な部分があると思います。

淡々と頑張って下さい!
>らんさんへ
もっと辛かった日のことを思い出すということですか?
苦労してきた人はある程度精神力が養われストレス耐性ができているということはあるかもしれませんね。
自分もそうだと思います。

らんさんは身体の限界には対応できるんですね~。
私はやっぱそこが苦手です。
身体にはもっと気をつけないとな~と感じます。
>塗り替え王さんへ
ご無沙汰しております^^
全然お邪魔できてなくてすみません^^;

たしかにビジネスマンとアスリートには共通点が多いですよね。
あと筋力と精神力の関係も似てると思います。

切れたり痛めたりしない範囲で曲げたり伸ばしたり負荷をかけたり。
そうするうちに鍛えられていくんですよね~。
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。