4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンセラーに求められる態度

カテゴリー : キャリア・カウンセラー
私がキャリア・カウンセラーの講義の中で、ふと立ち止まり悩んでしまったこと。

決して主観を伝えることなく、あくまでもクライエントの価値観、感情を共有しともに伴走する。

ということ。

このことがなかなか頭から離れずにいます。

ここは誰しもが難しいと感じる部分らしいですが・・・

でも、私は特にそれを強く感じてしまいます。

なぜなら私は普段、非常に指示的なコニュニケーションをする人間だと思ってるからです。

ちょっと違うな、そこ変だな、と思うと、ちょっと違うんじゃない?、そこ変じゃない?と言葉にして指摘します。

もっというと昔は今よりもずっと指示的で、強引で、排他的で、高圧的で、融通が利かないタイプでした。

ここ数年でそこに修正が加わり、簡単に言えば心が広くなりました。

地域や場、世代や立場によっても価値観や考え方は違うということ。

そもそも人によって育った環境や経験、あるべき姿、なりたい形、性格など、当然これらは様々であり、

それらによっても価値観や考え方、ものの感じ方、諸々の状況判断が異なるのは当たり前。

こういったことに痛み入り、どれが正しいと決めたりどれかを排除することは理性的なことではないし、

自分の考えを狭くしてしてしまい成長を阻害すると考えるようになったからです。

ですので、何かおかしいな、ちょっと違うな、変だな、と思ったときは、まず私はこう思うということを相手に伝え、

そのことについてあなたはどう思うかというように話し合いにより合意を得ようとします。

合意が得られない場合は、極力お互いの価値観を尊重し合いバランスをとっていく方法を模索します。

ただし、その状況でそれは明らかに間違ってるぞ、ということについては相手に理解を促します。

相手にとっても結果的にそのほうが良いと思われるときなどは特にそうです。

その場合のコミュニケーション、それは完全に指示的と言わざるを得ません。

しかしながら、カウンセリングの世界ではそれを是とはしないということです。

あくまでもカウンセラーとして人と対峙する場合には、そんな考えは完全に横に置いておく必要があるようです。

例えば、こんなケースをみなさんはどう思われるでしょうか?


<ロールプレイング>

・主訴(クライエントからの相談内容のこと)

会社や上司に不満がある。少ない人数で効率的な業務をこなす必要があるのに、組織やルールを

重んじることが理解できない。今後どのように仕事に取り組めば良いか分からない。

・クライエントのプロフィール

大卒の入社3年目。総務部で備品管理や厚生施設管理を担当。やる気があり仕事への意欲は高い。



上の主訴の具体的な内容は、会社として1週間に1回と決まっている文房具などの備品の発注を、

業務効率を考えて1日に1回に勝手に変えたことを上司に責められたことへの不満です。

このケースを一般的に考えると、動機は善ですが"勝手に"変えてしまったこと自体には問題がありますね。

一応会社のルールなわけですから 笑

上司に相談するなり報告するなりは必要なところでしょう。

でも、そんな場合でもカウンセラーはそれを指摘してはいけないんです。

ものごとの是非善悪、好き嫌いや先入観を持たず、ありのままの相手を温かく受容しなければなりません。

あくまでも、彼の価値観を共有し共感しながら話を聞かなければなりません。

その上で彼が自分でそのことに気づくような質問をするなど、対話を継続していくのです。

それでもやはり彼が自身の問題に気づかない場合でも、彼とともに伴走するのです。

このプロセスがかなり進行し、クライエント自身の中に気づきや矛盾が生じてきたときには、

コンフロンテーション(対決)や必要な助言、指導、情報の提供を行うという段階を迎えるのですが

その場合も、あくまでも対決させるのはクライエントの中の矛盾同士であって、

カウンセラーの考えとクライエントの考えを対決させるのではないのです。

ここで熱く語ったり、情熱と愛情を持って理解を促すような話をすることはカウンセラーとしては失格。

私はそれが得意なのに。

なんだかストンと入ってこない、何か腑に落ちない、そんな思いを払拭できないでいるのはそのせいです。

ですが同時に、これは私にとっては未知の領域。

新しい発見や成長をもたらしてくれる可能性を秘めているとも感じています。

カウンセラーに求められる態度要件と、それを実現するためのコミュニケーションスキルを修得することが、

益々自分にとって意義のあることのように思えてきました。

この講義を通して、まずはカウンセラーのコミュニケーションに徹してみようと思います。



今日もクリックをお願いします!
ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 
人気ブログランキング人気ブログランキング(社会経済、全般)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)
みなさんの応援クリックのおかげです!ありがとうございます^^

COMMENT
こんばんは~。

な~んか、カウンセラーの世界ではそうらしいですね。
「つらいんですよ」
と言われれば、
「何がつらいの?」
でも
「そんなこと言わずにがんばろうよ」
でもなく、
「そうか、つらいんだねえ」
だそうで。

決してこちらからは否定をしない。指示も、アドバイスもしない。とにかく「話を聴いてあげる」ことが大切なんだとか。
ああ、僕にゃ無理だなあ、とスパッと諦めたことを覚えています。

あらゆるコミュニケーションがそうであるように、カウンセリングでのクライエントとの対峙も基本的に
「そのとき、その人による」
なんでしょうが、とりあえずはその基本の態度を身に付けたあと、いろんなバリエーションが広がっていくんでしょうね。

「未知の領域」と挑戦する姿勢、素晴らしいです!
今後の展開を楽しみにしてますね。
私には絶対無理って思いました^^;

歳と共に仕事に対する、(他の人に対する)心が広くなる ってのはわかります!
>ドクさんへ
あ、痛った~~><
今日もまたドクさんに先に来られちゃったか~w

とりあえずシャワー浴びてから・・・
なんて思ってたら見事に先を越されました 笑

ドクさんの言うとおりですね。
カウンセラーの世界。

カウンセリングってのは心理学の延長線上にある行為。
心理学は海外では自然科学に分類されるだけあってまさに理系。
そういう意味では理系の実験や実習の延長線上にある行為といえるかもしれません。

心を通わせるというコミュニケーションとは本来異質なものとして始まった歴史があるからなんでしょうね。

もしその限りであれば、私はカウンセラーには向かないと思います。

でも、それを確かめるプロセスで得るものは大きいような気がしてます^^

まずはカウンセラーの技術をマスターしてカウンセラーになってやりますよ!
>ともえまんさんへ
でっしょー?
そんなの難しいですよねー!笑
でもやってやりますよ!あーやってやりますとも♪

おっ!ともえまんさんもですか^^
心が広くなるってのは、みんな大なり小なりあるんですね~♪
アドバイザーとしての悩ましいところですね。感情を入れてしまうと客観性が無くなったり、相手へうまく伝わらないかもしれない。相手も受け止められないかもしれない・・。

ただ、今回のようなケースなら、クライアントはやる気はあり自主性もある。そして独創性や積極性もある。(仕事に関して)

人を引っ張る、経営向きなタイプなのかもしれませんね。(なんとなく)

であれば、経営者として考え、日々の業務をこなしてみてはどうなのかな・・と。

そうなると一つの案件をまとめるのもトップダウンではなく各部門とのすり合わせが必要ですし、自分の考えを伝えるための行動を考えるようになったり、人を動かすためにはどうしたらいいのかを考える動機付けにもなる・・?

そうすると、今の立ち位置では見えてこなかったものが見えてくる・・

そんな気がしてなりません。

おっと(゜◇゜)
感情がはいっちゃいました。

難しい事例ですが、その方が本当に今の仕事にやりがいがあるのなら、今の道のプロを目指すように動機付けしてあげるのもアドバイザーの醍醐味ですよね( ̄▽ ̄)b

長文失礼しますた<(_ _)>
そうそこです!私もすごくつまづきました。私もイケイケドンドン系ですからね。矛盾もいっぱい感じました・・・。
なのでブログを読んでて、拓さんはコーチングの方に行くのかなと思ってました・・・。
でもね~ここのスキルを磨くと磨かないではクライアントとの信頼関係は築けないんですよぉ~。
自分が言いたい事だけ言って自己満足に浸ってるカウンセラーはそのスキルが無い人達ですね。どうやろうと全部自由ですが、裸の王様みたいに見えますね。
実際の現場ではクライアントはもっと切羽詰ってますから理論よりは早目展開にはなりますね。
>takatakagodさんへ
おっと、長文コメントありがとうございます!
うんうん。takaさんの気持ちはよ~く分かりますよ^^

でもね、カウンセラーはアドバイザーではないんですよ。
カウンセラーの判断で主観的にそういったことをアドバイスするのが役割ではないのです。
質問中心の対話を通して本人がそう思ったんなら、または各種アセスメントツール(性格などを判断するテストみたいなもの)
でそんな結果が出て本人自体がそう思ったんなら、最後の最後にそんな助言・指導をすることもあるかもしれませんが。
極論を言うと、takaさんが書いてくれたことは今でも十分に我々普通の人がかれることです。

私も戸惑いましたが、カウンセラーとはそういったようなイメージとは全く異質なものです。
ある意味、だからこそ養成される必要があり認定資格に合格する必要があるんですねぇ。

かなりイメージと違って悩みますよ 笑
やっぱりパワさんも"ここ"につまづかれましたか!安心しました♪というかそうじゃないかなと思ってました♪笑
ある意味参加者みんながつまづいてるんですけど、、、なんだか私はつまづき方が少し違うような気がして
いて・・・
でもたぶんパワさんとは同じようなつまづき方だと思うんですよねぇ。
大多数の方が単純に"できないなぁ"ってゆーつまづきに見えたんです。私ほど悩んでないとゆーか。。。
パワさんのおっしゃるコーチング的にグイグイ引っ張っていく感じ、たしかに私はそのタイプ。
そしてそこに信念というか自信のようなものを持っているからこそ感じる違和感というか。。。
とにかく悩んじゃいました。
みんなはなんでできないんだろう?難しいなぁ、という悩みのように感じました。
誰も質問しないのに、これに関する部分はしつこく質問してしまいましたもん、私。
思っていたアプローチとは違うけれで、でもやっぱりこのスキルは有用なんですね^^
パワさんの話を聞いて自信を深めました♪
また悩んだらコメントくださいね^^
なるほど。
ご自身ですごく努力をされてきた方は、特にそう悩むかもしれませんね。

人はいろんな考え方や幸せの形をもっていますが、本当にまっさらになった時に満たされたいものは「人間愛」だと思っています。
だから、ほぼ9割の人が目先の欲求を満たして自己実現してる気になってるけど、無意識君は満足していない、、、

カウンセラーという仕事は、一つ一つの心のからくりを教え、その方に勇気や覚悟が生まれた時始めて、方法を具体的に提示してあげると、その方は飛躍しやすいのでしょうね。
そっか、カウンセラーとアドバイザーの違いか。。。
ボクも指示的コミュニケーションが多いな。。
伴走するコミュニケーション。
勉強になります^^

<ひとりごと>
頼りになります。ありがとう!!
少しずつ集まってきてます^^
あと、芝の野郎はご想像の通り。
お互いに影響を受け合ってるナイスガイです!
拓さんのところもいつも行ってるらしいヨ^^
>りりぃ。さんへ
はい。かなり悩んだのはたしかですねぇ。。。
でも、とりあえず今はもう悩んでませんよ^^
なんとなくスッキリと自分のやるべきことが整理できた気分です♪

「人間愛」ですか。
りりぃ。さんはどういうものを指しておっしゃっているのでしょうね。
深い絆と信頼関係で結ばれた人間関係ですか?
難しいですね・・・人間愛

私は「愛」という言葉をよく使います。
去年の職場でのマネジメントのテーマも「愛」でした^^
「愛」は人を包み込み、そして結果的には自分をも包み込んでくれます。
優しさに包まれて心からの喜びと幸せを全身で感じることができますね^^
まさに潜在意識が喜んでいる感じです♪

まずはキャリア・カウンセラーになりきってみますね♪
そこから次の何かが見えてくると感じています。
>リックルさんへ
だと思いました 笑
やっぱ多いでしょ?指示的コミュニケーション♪

間違っていても伴走しなきゃいけない。
これは大変ですよ。
成長はそれぞれの人間のスピードに合わせるってことです。
でも、ある意味理にかなってるのかもね~

芝さんうちにも来てるんだぁ!
緊張するな~♪

頼りになる友より
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。