4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーバルとノン・バーバル

カテゴリー : キャリア・カウンセラー
「あなたなんて大っキライ!」


こう言われたらあなたはどう思いますか?

この言葉が伝える内容がバーバル・コミュニケーション(Verbal Communication)です。

もしも、この言葉が怒りの表情と憎しみの表情とともに発せられたものなら・・・

両方の拳を握り締め、あなたを睨みつけながら・・・「あなたなんて大っキライ!」

これはもう悲しい限りですね。

かなり鈍感な人でもこの人は私のことが嫌いなんだろうな、と気づくと思います。 笑

では、この場合はどう感じるでしょうか?

はにかんだ表情で、うっすら頬を赤く染めて、少しうつむきかげんに、あなたの袖をつまんで・・・

「あなたなんて大っキライ!」

う~ん。この子はあなたのことが好きなのかもしれません。笑

いずれにしても嫌な気はしませんね。


この2つのケースの言葉以外(主に視覚や聴覚)で伝達される情報・意思・感情、これが

ノンバーバル・コミュニケーション(Non Verbal Communication)です。

"Verbal Communication""Non Verbal Communication"

私たちはこの2つのコミュニケーションを通じて、情報・意思・感情を伝えたり受け取ったりしています。


上の例からも分かるように、人間は言葉以上に言葉以外の表情・声のトーン・立ち振る舞いなどで

自分を表現していますし、また受けて側もそこから多くを判断しています。

アルバート・メラビアンという学者の研究によると、コミュニケーションにおける言葉(バーバル)の占める

影響力の割合は1割にも満たないそうです。

言葉・・・7%
声・・・38%
表情・態度・・・55%


いわゆるメラビアンの法則とか呼ばれているものですが、正確にはこんな比率らしいです。

ただし、このメラビアンの研究はあくまで、話し手の「態度と言語内容が矛盾していたとき」に

聞き手がどのように受け止めるかという限定された条件下でのものです。

ノンバーバル・コミュニケーション研究の大家レイ・L・バードウィステルによれば、

言語(バーバル)が35%、非言語(ノン・バーバル)が65%なのだそうです。

いずれにしても我々は、自分達で思っている以上にノンバーバルで情報を発信しているようです。

知らず知らずのうちに相手を傷つけたり、不愉快な思いをさせているかもしれませんね。


みなさんはノンバーバル、そこまで気にしてますか?

カウンセラーとしてクライエントと接するときはもちろんのこと、日常の生活においても

もっとそのことを忘れずにコミュニケーションを心掛けたいものですね。




今日もクリックをお願いします!
ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 
人気ブログランキング人気ブログランキング(社会経済、全般)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)
みなさんの応援クリックのおかげです!ありがとうございます^^


COMMENT
そうなんですよね。

日常、たまには怒ったり、注意したり、「NO」とハッキリ言わないといけない時があります。
そんな時に、笑顔でサラッと言えると、意外な反応に相手は悪い気を起こさないようです。

頭ごなしに怒るだけの親や、子供の機嫌とりしか出来ない親が多い昨今、上手な怒り方、素直な誉め方を身に付けた大人でありたいと、心から思います。
読み返すまで、”バルーン”と読んでいた私(^^;)ですが、仕事では気をつけなければと日々思っている事です。

ただ、プライベートとなると気にする度合いがかなり減っていると思うので気をつけなくてはいけませんね!
こんばんは~。

おおっと拓さん、大筋はあってますが、「メラビアンの法則」については間違ってます!!
メラビアンの研究はあくまで、話し手の「態度と言語内容が矛盾していたとき」、聞き手はどのように受け止めるか、という実験なんです。

つまり、拓さんの例でいうと
「はにかんだ表情で、うっすら頬を赤く染めて、少しうつむきかげんに、あなたの袖をつまんで『あなたなんて大っキライ!』」
が、「法則」のあてはまるシチュエーションということ。

日常すべてのコミュニケーションにおいて成り立つわけではないのでご注意を。

ちなみに、ノンバーバル・コミュニケーション研究の大家、レイ・L・バードウィステルは、二者間の対話において内容を伝える割合は
・言語が35%
・非言語が65%
と言っています。

ま、いずれにせよ非言語の部分は大切だってことですね。

こんにちわ!
これ!接客セミナーで学びました!

人は見た目に心が表れます。
見た目が肝心なんですよね~

信頼貯金は作った方が良いです!

残高がないと
何かあったときに困るのは
自分ですからね~
りりぃ。さんへ
笑顔でサラッと「NO」といえる大人な態度。
それいただき♪
私も身に付けるようにしたいと思います^^

子供に対する親の態度には、私も閉口してしまうことがありますねぇ。
なんで?と感じることが多いように思っています。
素敵な親になれる大人でありたいですね♪
>ともえまんさんへ
バルーンはウケましたね♪
さぞかし意味が分からん文章だったことでしょう^^

プライベートですか・・・
私は比較的デリケートな妻とデリケートな母と同居してますので、
プライベートのほうが心掛けている度合いが高いかもしれません^^;笑
>ドクさんへ
おおっとドクさん!
さすが・・・なんでも詳しいですねぇ♪
あらためて尊敬しちゃいます♪

早速記事を修正してみました^^
こんな感じでオッケーですか?

実は授業でも35%と65%という数字が出ていたんですよ。
でもなんかサラッと流されちゃって 笑
さらにメラビアンのところもサラサラッと駆け足で説明されて実はスッキリしてなかったんですよw

ドクさんのおかげで疑問がスッキリ解消しました!

さんきゅーでした♪
>優希さんへ
信頼貯金かぁ~
それいい表現ですねぇ・・・これから使っちゃお♪

信頼貯金が溜まってると、ついつい使いがちになっていろいろと楽をしてしまうこともありますよね。
でも同時に貯金を使ってる感もあって、危機感を感じてしまう。

あ、自分は今ちょっと使い過ぎかな?・・・
また溜めないと・・・
て具合に。

溜まってくるとますます意識して溜めなきゃと思う。
お金もそうなのかもしれないですね。
あ~、お金貯めなきゃ~
って話変わっちゃってるし 笑
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。