4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ理論が必要なのか?

カテゴリー : キャリア・カウンセラー
養成講座に通いだしたキャリア・コンサルタント(キャリア・カウンセラー)の資格。

これから講義内容の復習の記事を書くことにしました。

で、今回が記念すべき第1回目です。

これからたくさんのキャリア・カンセリング理論を学ぶことになります。

が、まずは基本に立ち返って「なぜ理論が必要なのか?」というところから授業ははじまります。

ちなみに、
理論とは、自然や社会において生じる現象を概念化し、一般化した科学的知識である。
と定義します。

ではなぜ理論が必要なのか?

それは、現象の法則性を明らかにすることによって、
①その現象を明確に理解することができる
②これから生じる現象を予測できる
ようになり、何事においてもより好ましい結果を導くことができるはずだからだそうです。

例えば、地震の予知ができれば便利ですよね、ってこと。

で、肝心のカウンセリング理論には、心理学における2つのアプローチが存在します。

ひとつが法則定立的アプローチで、もうひとが個性記述的アプローチ

法則定立的アプローチは、まさに一般的な傾向から法則を導き出して理論にする方法。

個性記述的アプローチは、個別のケースごとに、それに対する方法論を導き出す方法。

分かりやすい例で言うと、

一枚の紙を持った手を上げ、地面と平行にして自分の目線まで持ち上げます。

それで手を離したとき、紙は地面のどの辺りに落ちるか?

右へフワフワ、左でフワフワと空中を漂い、結局右へ落ちたり左へ落ちたりします。

それこそ予想するのは難しいですよね。

でも、何回も何回も落としてみて、その落ちた場所をデータとして集計し分析することはできます。

そして、それにより傾向をつかむことができ、予測することも可能となりますね。

当然、落とす回数や分析するデータが多くなれば多くなるほど精度は高くなります。

これが法則定立的アプローチです。

それに対して、今回どこに落ちるのか?

これが個別のケースです。

そこに何らかの法則はあるにせよ、実際のところ落としてみなきゃ分かりません。

法則だけでは決して計れない個別の着地点が存在します。

これが個性記述的アプローチと呼ばれるものです。

結局、キャリアカウンセリングにはこの2つのアプローチ、方法が必要となります。

スタンスとしては、様々な立場の様々な理論を学び、引き出しをたくさん持っておく。
そして、そのうえでクライアントごとの個別のケースに対峙していく。


カウンセラー(もちろんキャリアカウンセラーも)には、こういった姿勢が要求されることになります。



今日もクリックをお願いします!
ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 
人気ブログランキング人気ブログランキング(社会経済、全般)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)
みなさんの応援クリックのおかげです!ありがとうございます^^

COMMENT
拓さん、こんばんは!
なるほど~、こういった内容を学んでいくのですね!
頭の中が整理できますね!そして日々の行動においても意味を理解したうえでの判断になるのでしょうね~
講座内容の記事!読んでるこっちも勉強になります!
おもしろい!!
そういう勉強好きです。

今後も復習の記事楽しみにしてます♪
>らんさんへ
気に入ってもらえたようですね♪

カウンセリング理論は心理学、心理学は自然科学に分類されます。
なので実は理系なんですね、ホントは。
日本では心理学は文系科目ですが、たしか欧米では理系だったと思います。
実験によるデータの収集、統計の学問らしいです。

このあとは、カウンセリング理論の各論に入っていきますので、あまり面白くなくなると思いますよ。 笑
>ピチコさんへ
面白いでしょ♪

ふふふ。でもね。面白いのはたぶんこの辺までかもしれませんよw

このあとは年代ごとの個別のカウンセリング理論に入ります。
ちょっと面白くなくなりますw笑

なんとか面白く書くようにがんばりますね~♪
こんばんは~。

復習の記事を書くと、書き手も読み手も両方勉強になってお得ですよね!
なにやらこれから面白くなくなるとのこと。
いやいや、気合で面白くしてください!
最後の5~6行ぐらいでやっと理解できました^^;)
それって大事な事ですよね!いろんな仕事で役立つ事ですものね!
拓さんの記事を見て、(わかりやすくまとめてもらった 笑)私もちょっとだけ賢くなります!
>ドクさんへ
いやーホント♪ホント♪
一石二鳥でお得なんですよね~
更新頻度も上がりますし^^

なんとか面白く・・・書けるかなぁ 笑
>ともえまんさんへ
たしかにそうですね~^^
会社の仕事でも法則定立的アプローチでしか仕事が出来ない人、個性記述的アプローチでしかできない人。
両方いますねぇ。
要はバランスが大事ですよね!
自分も気をつけないとなぁ♪
カウンセリングのときに、必死すぎて視野が狭まってしまった依頼者に、
ある意味クールダウンさせるというか…
たしかに理論って大切なのでしょうね*^^*
それもあるかもしれませんね♪
いろんな方がこれまでに提唱してきたカウンセリング理論には、
それぞれ長所短所があるようですが部分的にはとっても有用です。
様々なケースに対峙する際に道標となるものは多いほうがいいんでしょうね^^
確かに…
多くの引き出しを自分の中に
準備しておくことって
本当に大切ですよね♪

ワタシももっと
引き出しを多く持たなくちゃ!

応援ぽちっと!
>ぱぱ☆きんぐさんへ
いつも応援ありがとうございます!

ぱぱ☆きんぐさんは今でも十分たくさん引き出しをお持ちのようですけど♪
もっとお持ちになるなんて欲張りですね~ 笑
私もがんばります!
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。