4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第5話】さらなるブレイクスルー/過去回想録

カテゴリー : 起業
第3話で述べたように、昨年2007年のテーマは、

”マネジメントと会計資格の取得、その両立”

であった。

そして今回の話では、その実行状況と結果何を得たか、ということが話のベースになる。

が、その前に、

ちょうどこの頃に私が書いた記事を2つ下にあげておきたい。

当時の私の様子、マネジメントに対する姿勢や、仕事と資格取得との両立に対する

思いが伝わる内容になっていると思う。

2007.10.14「動き出す」
2007.09,20「さらなるブレイクスルーを」

今見ると、この頃の文章はそんなに長くはなかった。

それでもしかし、

「さらなるブレイクスルーを」については、特に思い入れを持って書いたことを覚えている。

ある意味今回の記事は、この記事「さらなるブレイクスルーを」に対する”アンサー記事”

といってもいいかもしれない。


  /       /       /       /       /       /       /



大幅に時期をずれ込んで開始したスクーリングによる簿記の学習であったが、

”来年度いっぱいで会社を去り、起業するために必要なことである”

”必要なことを確実に実行に移すという行動習慣の習得こそ重要なことである”

というような思いから、仕事を効率的に終わらせ真面目に学校に通う生活を送っていた。

少なくとも当初は・・・。

一方、マネジメントに重きを置いた仕事についても順調だった。

尊重すべき”個”を束ね、”場”をマネジメントするというのが私の手法。

その実現のためにはまず、

よく観る、よく話しをする、よく褒める、よく叱るということと、ビジョンを共有すること。

この2点が特に重要な要素となる。

順序としては、”個”であるメンバー自身がどうなりたいのかをまず明確にする。

それを軸としてメンバー個々のモチベーションに火をつける。

その後で、

私がどうなりたいのか、そしてメンバー自身にはどうなってもらいたいのか、

最終的に支店をどういう状態に導きたいのか、などの思いを語りビジョンを共有する。


それを私のチーム配下に留まるのではなく、別のセクションに対しても行っていく。

莫大な労力と時間を要するが、この一連の作業に心血を注ぐ。徹底的にやる。

そうすることで個々がそれぞれの動機を胸に、支店として同じベクトルを向いて走るようになる。

その中では個々の利害が衝突する場面もあるが、それはその都度調整する。

そしてまた走る。

顧客との商談に同行もするし、社内調整の場面にも積極的に介入していく必要がある。

それに加えて、私はプレイングマネージャーだから当然自分の仕事もある。

またしても業務は多忙を極めた。

しかし、前年(2006年)とは全く別のステージで近いレベルの”多忙さ”にまでなったこと

への喜びも同時に感じていた。(この辺、分かりにくいかもしれませんね^^;)

そんな状況下で、スクーリングの優先順位は下げざるを得ないと判断、方向転換を図った。

11月の簿記3級・2級受験は断念、2月受験に予定を変更することにした。

さらに簿記は3級のみとし簿記2級の代わりにビジネス会計検定3級を受験することにした。

結論からいうが、2月の受験は簿記惨敗、ビジネス会計検定合格という結果に終わった。
 <詳しくはこちらの過去記事で>
 →「さて合否は?」
 →「さくら咲くメールなのに?」
 →「ビジネス会計検定合格発表!」

1勝1敗。

業務を優先したといえば聞こえはいいが負けは負け、反省すべき点は多かった。

ただ最後まであきらめずやりきった自分には満足もしている。

それだけに悔しかったが、その悔しさと反省点は次の何かに生きてくると確信している。

さて、簿記取得よりも優先して行った仕事、マネジメント。

その結果はどうであったのか?

2007年最終日、仕事納めの日、私は東京に出張していた。

その夜、大阪へ帰る新幹線の中で手帳に書いた走り書き。

個人や会社に関することなので具体的な内容までは書けないが、

その中の一部を抜粋するかたちでこの第4話を締めくくりたいと思う。


2007年12月28日(金)
仕事納めの日に大阪へ帰る新幹線の中で

今年が終わる。
2007年、自分にとってどんな年だったろう?
10/1からの第3Q、全力で仕事に取り組むことができた。
チームとしてもよい成績を残すことができ大満足といえる。
支店長とも理解し合えた。
そういう意味では、私以下ではなく支店長以下全員がよくまとまった。
意義深い年だった。
大切なことは、
相手の立場に立ち親身になって考え接すること。
自分も成長し相手にも成長してもらうこと。
信頼関係を築くこと。

各人が限界にチャレンジし、キャパを超えて本当によく頑張っていた。
素晴らしいメンバーだった。
素晴らしい組織となった。

(中略)

自分のために頑張ること。
人生をより良く生きるために成長することをメインに伝え、
そのために私ができることは全力で行うことを示してきた。
振り返っても、これらの効果は大きかったと思う。
もちろん各人の努力や人生におけるタイミングあってのことではあるが。

(中略)

最高のメンバーと最高の仕事ができた。
そして最高の組織になった。
これまでの人生で最高の年の瀬かもしれない。
いっしょに働いてくれたみんなに心から感謝。

ありがとう!






つづく


(6話完結!過去回想録へのリンク)
【第1話】昔書いた決意表明
□□□□□【第2話】予期せぬ転機
□□□□□□□□□【第3話】支店とともに立ち上がる
□□□□□□□□□□□□□【第4話】マネジメントと会計
□□□□□□□□□□□□□□□□□【第5話】さらなるブレイクスルー
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□【第6話】最後の年、そしてこれから


■過去回想録第6話は現在の話。そういう意味では今回が実質的な最終回です。
長々とお読みいただき誠にありがとうございました。
ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 
人気ブログランキング人気ブログランキング(社会経済、全般)
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)
いつもありがとうございます!みなさんの応援クリックに心から感謝♪♪♪



COMMENT
こんばんは♪

しかし、拓さんは自分をよく観察した上で
論理的に物事を整理していくのにたけていますよね。

自分を知ることが一番難しいと思っている
私としては、感心してしまう限りです。

自分磨きの時間をつくって
私も頑張らなくては・・・
>がらさんへ
がらさん。
またうまいこと言って。
何にも出ませんよ 笑

自分を知るのは難しいですよ。やっぱ。
あと、自分を知る+自分を創る、このバランスが大事。
個人的にはそう思ってますね♪

がらさんは十分磨いてるでしょ!
それ以上がんばって遠くに行かないで~ 笑
んもう・・。
涙もろいtakatakaが参上しました。

私も転職をする際、今までの思いを手帳に書いた気がします。
人間関係が嫌で辞めたのに、不思議と書き出していたら、
感謝の想いが出てきたのを覚えています。

>各人が限界にチャレンジし、キャパを超えて本当によく頑張>っていた。
>素晴らしいメンバーだった。
>素晴らしい組織となった。

私は成績が上り調子の時に転職したのですが、
それも各人の頑張りがあったから・・。
だからこそ営業所の数字も達成し個人でも評価された。

前は個々のスタンドプレーが目立っていた会社でしたが、
月末の詰め、数字を上げる為の努力、この修羅場では、
一体感を感じていました。

私ももっと大人にならなければ・・。
関係をより良くするのは自分次第。
「個人」よりも「チーム」の重要性。
拓さんのおかげで再認識できました。

今年はわたしにとって、「ひとりよがり」だった時期を
脱皮できた年です。
その記念すべき年に、この記事に出会えてよかったです。

ちょっと・・。
涙ぐんできたじゃないですか・・。
>takatakaさんへ
なっが~~~いコメントをありがとうございます!笑
超~~~~うれしいですよ♪

人間関係ですか・・・崩れたらもーホント大変ですねぇ
ちょっとしたボタンのかけちがいなんですけどね。
ずれてかけてしまったものはどうにもこうにも気持ちわるいですね。
全部外して付け直すのは時間と手間がかかるしね。
でもたったそれだけなんだよね。ダメだった理由を突き詰めれば。
だから、冷静に考えたらやっぱり感謝の気持ちだと思います^^

チームでやり遂げた仕事はうれしさもヒトシオです。
私はどちらかというとスタンドプレーが好きな人間。
1人が好きで、居心地が良かったりもします^^
でも、信頼できる仲間ができる喜び。
一緒に何かをやり遂げた喜び。
自分を信じて着いてきてくれたことに報いた喜び。

これらは言葉では表せないほどの快感と感動を与えてくれます♪
「ひとりよがり」から卒業おめでとうございます!
そんなtakaさんを応援します!

takaさん、涙ぐんでくれてうれしいです^^
だって、私もこの記事書いてる途中、何回かこみ上げましたから^^; へへ
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL » for FC2 user
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。