4時起きビジネスパーソンが起業するまで

100年に一度の大不況でも会社を退職し起業します。1年以内に商業出版で本を書きます。たとえ裸になろうが心は折れません。絶対にあきらめません。

お知らせ

長い間ご愛読いただき、
誠にありがとうございました。

約2年半に渡り綴ってきた起業までのブログ。
起業を果たしたことで更新を終えました。

田辺 拓也、起業後のブログへは 下記リンクからお越しください。


就活生とともに歩む
イキザマ・キャリア・コンサルタントの生き様


プロフィール

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です!

++ 拓 ++

Author:++ 拓 ++

男36歳、入社13年目でした。
チームリーダーとしての仕事にやりがいを感じ、信頼できる素晴らしい仲間達に囲まれて充実した毎日を過ごしていました。
会社には不満はなく、入社以来変わらず大好きな会社でしたし、今でもそれは変わりません。
でも私は会社を辞めました。
100年に一度の大不況の中、私は以前から決めていたとおりに起業の道を選びました。

大不況なんか関係ありません。
不景気がなんだ!?
やれること、やりたいこと、やるべきことをただやればいい。
そう、ただやるだけです。
たった一度の人生、世のため人のため、そして自分と愛する人達のために、毎日を真剣に本気で生きていきます。

目指すは自律と自立、願いは世の中が幸せな人で溢れること。
仕組みで幸せを創出する
"幸せプロデューサー"として
様々な事業に取り組んでいきます。

※(財)社会経済生産性本部
認定キャリア・コンサルタント
※自主開催社会人交流会
「クロス・ヒューマン」代表

田辺 拓也(たなべ たくや)
このブログの携帯版はコチラ
QR

まずはこちらの記事からどうぞ

最初にお読みいただきたい記事 をピックアップしました。

ごあいさつ

このブログを書く動機

PICKUP記事~原点~

PICKUP記事~挫折~

大切にしたい価値観①

大切にしたい価値観②

PICKUP記事~??~

胸に刻んでおきたい言葉

お会いしたい尊敬する人

私が得意なこと

私の得意分野です。

<法人営業プロデュース>
マネージメント
●カウンセリング/コーチングマインドで強い営業チームを作る
●小規模組織のパフォーマンスを最大化するマネージメント手法
営業代行
●提案からクロージングまで獲得、契約に結びつく営業
同行営業
●同行訪問による獲得支援・クロージングスキルの共有

<キャリアプロデュース>
キャリア・コンサルティング
●キャリア・コンサルティング(キャリア・カウンセリング)による 個人のモチベーション最大化
●絶対内定!100社中5社しか落ちなかった私が教える 「落ちない就活、辞めない就活」

<セミナープロデュース>
自主開催セミナーの企画・運営・主催
●法人営業のためのコミュニケーションスキル
●仲間が増えるコミュニケーションスキル養成
●自己分析、自己理解、まずは自分のことを知ろう
●挫折しない目標設定、夢を叶える日々の行動
●人生を変えるブログの活用法
●その他セミナー講師の紹介

<幸せプロデュース>
●ポータルサイトの企画・運営による個人の成長と癒しと健康を促進する幸せプロデュース
●高齢者のモチベーション向上をはかり、社会(特に若年層)に対し大切な価値観を伝える仕組みづくり

みなさんからのコメント

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

全記事を表示

私が読んだ本

↓下の画像をクリック↓ 私がオススメする夢をかなえる100冊~愛・感動・感謝・成功、幸せな人生のために~

このブログについて

思うところあって、2007年6月17日にアメブロで書き始めたブログです。

そして2008年1月1日元旦。
心機一転、使い慣れたFC2ブログに移転してきました!

移転とともに、
「30代ビジネスパーソンが起業するまで #2008」
さらに2008年3月29日に、
「4時起きビジネスパーソンが起業するまで」
にブログ名を変更。

そして、2008年10月25日の記事から「4時起きキャリア・コンサルタント 田辺 拓也」として、本名をカミングアウトしました。

昨今、ライフキャリアの考え方やキャリア開発の問題がかつてないほど取り上げられ、個人のキャリア開発の必要性が声だかに叫ばれるようになりました。

今やらなければ手遅れになる。社会にとっても、企業にとっても、個人にとっても、そんな課題がテンコ盛りの状態です。

そうなった要因は社会・経済環境の構造的な変化価値観の変容です。
(倒産・リストラ・早期退職による失業率上昇、少子高齢化・超高齢社会による労働人口漸次減少、人生観・価値観の変容に伴う労働観の多様化、それに伴う選択肢と不安の増加・雇用の流動化、女性の社会進出と労働環境・条件整備の必要性、競争激化による企業の人材確保・競争力向上の必要性・・・etc.)

とにかく"変化すること"が今、求められています。
変化のための行動を起こすこと、それを続けること、それを実現するための「気力」「体力」「知力」、それと"ちょっぴりの勇気"が要求されます。

まさにそこに、キャリア・コンサルタントの存在意義・価値があります。
自身の転身(サラリーマンから起業家へ)を刻み記すと同時に、みなさんが今求められている"変化"にどう対応していくか?それを一緒に考えサポートしていく。
私自身の過去の経験やリソースをフルに活用して、私自身が成長をしながら。
このブログがそんな"場"になることを願っています。

2007年の日記は、下記リンクより旧ブログにジャンプしてご覧いただけます。
お時間がおありでしたら、是非過去の記事もお読みください。

「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」
「30代ビジネスパーソンが起業するまで Rev.0」

mixiもやってます♪
mixi

あし@

ブログ内検索

スポンサーサイト

カテゴリー : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感謝!社会人交流会2009-①【大阪】終了

カテゴリー : 社会人交流会
こんばんは^^

4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也です。

2009年、リニューアルした社会人交流会2009【大阪】の第1回目。

本日開催して参りました。

充実と感動の4時間。

いつものことながら楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

大道芸の学校に通おうと決意する人

ロミロミの技術を習得し、まずは副業というスタイルで開業を目指す人

会社に依存しないサラリーマンになるべく、
家づくりのセカンドオピニオンとして活躍の場を模索する人

自分探しの末生き方を再発見、就職活動をし正社員を目指す人

様々なビジネスプランを実現すべく、まずはPCを買いブログを立ち上げる人

果たして○○か!?△△かっ!?人生における大きな選択をする人

心と体にゆとりを保ちながらさらに事業を発展させるべく新たな展開を目指す人

新しい人生を実り多きものとするために、
とにかく動き、人と会うことで1歩を踏み出すことを目標とする私。

それぞれが夢を語り、目標を口にし、考え、質問し、質問に答える。

それぞれの想いを分かち合うことのできた4時間でした。

参加してくださったみなさまに心から感謝いたします。

ありがとうございました!


さて、私事で恐縮ですが・・・

様々なイベントが矢のような速さで過ぎ去っていきます。

2月11日、社会人交流会が終わったということは今週末は部下の結婚式です。

苦労をともにし、喜びを分かち合った大切な部下の結婚式です。

式で歌うことになっている斉藤和義のウエディングソングを、

さっきから何度も繰り返し聴いては口ずさんでいます。

しかしこの歌は歌詞の意味をちゃんと考えながら歌うと泣けます。

当日歌えるかどうか心配です。

あーー。

ずっと先だと思っていたイベントが矢のように過ぎていく日々。

まさに光陰矢のごとしです。


少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず


染みこむなぁ、この言葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ふぅー。



いつもありがとうございます^^

みなさんの応援のおかげでがんばれます!

今日もワンクリックずつおねがいします。

>>>ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 

>>>人気ブログランキング人気ブログランキング(独立・起業)

>>>にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)


スポンサーサイト

その人目線

カテゴリー : 私の考え
4時起き幸せプロデューサーの田辺 拓也(たなべ たくや)です。

先日、友人と友人の2歳になる子供といっしょに過ごす時間がありました。

子供をベビーカーに乗せて繁華街を歩いているときのこと。

ベビーカーを、持ち上げなきゃいけないシーンの多さに驚きました。

そもそも階段が多い。

同じフロア内で5段上がって、また5段降りるなんていう場所も多い。

これは思っている以上に本当に多いです。

普通に歩いているだけでは気づきませんでした。

日は変わってこのまえ、ウォーキングをしてたときのこと。

車椅子に乗っている人を見てふと思い出しました。

私は28~9歳のときに、左足の前十字靱帯を断裂し大きな手術をしました。

そのときに1ヶ月弱でしたが、車椅子で生活していたことがあります。

そのあとも足に歩行をサポートする器具をつけていた時期が半年くらい。

あのときは、何をするにもとてもに不自由で不便な生活でした。

スポーツ外科に入院していたので、周りにもたくさん同じ境遇の人たちがいました。

ヘルニアの人も多くて、その大変さを身近に感じることができました。

だからあのときは、車椅子を利用していたり身体の一部が不自由な状態の

不自由さが身に染みてわかったものです。

実体験や見聞きした経験からくる実感は、人を「その人目線」にしてくれます。

もちろん、実体験からくる実感のほうが断然大きいでしょうが。


同じようなことは、なんにだって言えると思います。

苦しい人の気持ちは、苦しい思いをしたことがあるから良く分かる。

悲しい人の気持ちは、悲しい思いをしたことがあるから良く分かる。

悔しい人の気持ちは、悔しい思いをしたことがあるから良く分かる。

どん底を這い回っている人の辛さも、

挫折してもがいている人の息苦しさも、

なんとかしたいけどどうすればいいか分からないでいる人のやるせなさも、

同じような経験をしたことがあれば分かりやすい。

そしてそんなとき、その人には何が必要で何を求めているのかが分かる。

分かれば出来る限りのことはやりたくなるし、やらずになんていられない。

それは、"優しさ"なんていう簡単な言葉ではとても表現できません。

さらに、これらの経験を積むことは、単純に自分と同じ境遇の人の気持ちが分かるようになることだけではないように思います。

すなわち、自分の体験から同じ境遇の他人の気持ちを慮る(おもんばかる)という経験は、自身の体験の有無に関わらずとも他人の気持ちを慮るという習慣を副産物としてもたらすのではないかと思うのです。

想像力といってもいいかもしれません。


一方で、

狭い道で人とすれ違いざまに少しだけ身体をよけることができない。

お年寄りが電車に乗ってきても席を譲れない。

1人が十分座れるだけのスペースがあるのに席を詰められない。

混雑した電車の中で新聞や雑誌を広げ、他人の肩や頭に乗せても平気。

同様に、カバンを邪魔にならない場所で持つといった配慮ができない。

びしょ濡れの傘を自分に当たらない位置で持ち、他人に当てている。

ガラガラと大きなカバンを引っ張って、後ろや周囲の人に注意を払えない。

こんな人が多いなと感じることもしばしばです。

"経験"やそれによって培われる"想像力"の欠如ではないでしょうか。

いずれにしても、「その人目線」で考えるということ。

過不足なくそんなことができる自分でありたいものです。



いつもありがとうございます^^

みなさんの応援のおかげでがんばれます!

今日もワンクリックずつおねがいします。

>>>ブログランキングFC2ブログランキング(独立・起業ランキング) 

>>>人気ブログランキング人気ブログランキング(独立・起業)

>>>にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へにほんブログ村(ベンチャーブログ 起業・独立)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。